メディアとしての写真-Photographyではなく、写真-Shashinであること、真を写すとは今どのような現実性だろうか。写真という言葉はPhotographyの発明以前より成立し、西洋画談(1799,司馬江漢)などで代表されるように絵画イメージの側面から、真というリアリティを写し出す視覚理論として派生する。

目には不可能な仕事を高純化させたカメライメージが情報化し、pixelやコンピュータ・グラフィクスと融和することで媒材となる現代の情報技術、デジタルメディア環境の中において、目と脳はこの間接性のゆらぎから眼前の世界を推定する。それでもなお、みることは変わり得ないのか。

SHASHIN.1799は、現在におけるドキュメントと現実のはざまにおいて視知覚のしきたりとしての真を写すという概念、リアリティの構造/現在性を考える。新故の実写的なメディアによる表現とその視覚原理の研究を通して、見ることの潜在的な可能性と問いを新たに解釈しようとする枠組みである。



The Japanese word for photograph shashin is represented by two kanji, sha and shin, meaning “transcribe” and “truth” respectively.

Not photography as a medium, but being “shashin”. In other words, what reality would transcribing a true image now be? The word “SHASHIN” was established even before the invention of photography, and it was derived as a visual principle to capture the reality of truth from the aspect of the pictorial image, as typified by Discussion of Western Painting (1799, Shiba Koukan[1747-1818]).

In today’s information technology and digital media environment, in which the camera image, which is a highly purified version of a task that is impossible for the eye to do, becomes information, and becomes a medium by merging with pixel and computer graphics, the eye and the brain extrapolate the world in front of them from the fluctuations of this indirectness. And yet, will the “seeing” still be the same?

SHASHIN.1799 considers the structure/presentness of reality, the concept of copying the truth as a visually perceptual convention between document and reality in the present. It is a framework that attempts to reinterpret the potentialities and questions of seeing through a study of the visual principles and representations of new and old live-action media.

SHASHIN (before photography) : SEIYOU GADAN(1799,Koukan Shiba)
MAD STUDIO 2019 Toshiyuki Kuwabara

Biography.2020

  • 桒原寿行 / Toshiyuki Kuwabara
  • 現代美術表現, メディア表現, 東京藝術大学COI 特任講師
    Artist, Tokyo University of the Arts COI PJ Lecturer
  • toshiyukikuwa.net
  • Exhibition

    "GREY ROOM" 根津ギャラリーマルヒ.東京
    "GREY ROOM" Gallery MARUHI. Tokyo

  • Exhibition

    "交錯するもうひとつの場" 萃点SUI-TEN 2020 「Eye」東京藝術大学大学美術館本館.東京

  • Exhibition

    天空の芸術祭2019「等方性写真」東御市観音寺.長野

  • Research Grant

    JSTCOI若手連携研究ファンドR1WD08 映像の再発明 4Dスキャンメディアによる、新しい時空間体験創造プラットフォームの構築 2019-2021

  • Research Grant

    JST 若手ファンド・デジタル分野(FS)4Dスキャンメディアによる、新しい時空間体験創造プラットフォームの構築に向けた調査研究 2018-2019

  • Research Grant

    JSPS科研費18K12257若手研究4Dスキャン記録の時間軸編集による新しい時空間体験表現の研究 2018-2021

  • Exhibition

    天空の芸術祭2017「路傍島」スカイガーデン(長野)